順送金型プレス成形

順送金型プレス成形は、自動車、電子、機材などの事業分野で広く使われているプレス成形工程です。複数の独立した作業ステーションから構成され、各ステーションでは、部品に対して1つ以上の異なる工程を実行します。部品となるストックのストリップ材はステーションからステーションへと移動し、最終工程でストリップ材がカットアウトされます。

順送金型プレス成形 – 鋼鉄から最終部品に成形されるまで 順送金型プレス成形では、鋼鉄のストリップ材が複数の工程を経て、最終部品へと成形されます。

部品を順送金型とトランスファー金型のどちらで生産するかは、サイズ、複雑さ、そして生産量によって決定します。順送金型プレス成形は、部品を大量生産して、コストを抑える場合に使用します。精度と耐久性については、最高水準の要望を満たさなければなりません。

順送金型は複雑なため、ブランクの位置、パイロット・ピン、ブランク・ライン、ストレッチ・ウェブ変形について、目標レベルに達するためには、必要なすべての要素を検討することが重要です。

順送金型プレス成形において、パイロット・ピンは、ストリップ材を適切な位置に固定し、そのコントロールを維持するために、重要な役割を果たします。またトランスファー金型でも、金型が閉じて絞りを行う間、パイロット・ピンはシートの正確な位置決めに不可欠です。他に考慮すべき要素は、タイミング、およびキャリア、パッド、上型と下型の相互関係です。順送金型プレス成形の利点は、生産性の増加と、大量生産における大幅なコスト削減です。

AutoForm順送金型プレス成形についての詳細情報:

順送金型の計画

順送金型プレス成形の実際のパイロット・モデル

順送金型プレス成形のシミュレーション・ソフトウェア

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。