プレス成形

プレス成形はほぼすべての工業生産部門で使用します。

  • 自動車業界
    (例: ドア、フード、フェンダ)
  • 航空業界
    (例: 翼、機体)
  • 家電業界
    (例: シンク、調理器具のフード、冷凍庫)
  • 食品業界
    (例: 調理鍋、缶詰)
プレス成形 – 例 プレス成形は、車のドアからブリキ缶まで、多岐にわたる工業生産部門で使用します。

プレス成形は、平坦な金属シートから部品の最終形状を作ります。希望の形状は塑性変形によって作成し、切削のような器具は使用しません。. ほとんどの場合、一定の弾性変形は、成形完了後にスプリングバック が発生します。

DIN 8582によると、工程はシート内で発生する応力に応じて分類できます。

  • 圧縮条件下の成形
  • 引張および圧縮条件の組み合わせによる成形
  • 引張条件下の成形
  • 曲げ条件下の成形
  • せん断条件下の成形

シートの成形は、機械的金型と空気あるいは液体、磁気または爆発を使って実行します。特殊なプレス成形工程には、超塑性成形や加工硬化、またはアルミやマグネシウムの熱間プレス成形などがあります。

AutoFormプレス成形についての詳細情報:

プレス成形のソリューション

アプローチの統合[英語版]

プレス成形工程のシミュレーション・ソフトウェア

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。