AutoForm-Explorer

AutoForm-Explorerを使うことで、簡単かつ迅速にシミュレーションを設定し、重要な結果変数を評価することができます。工程計画の策定者や工程エンジニアにとっては、プレス成形部品の製造工程を詳細に定義および評価することが可能になります。

また結果の解釈も、迅速かつ簡単に実行できます。セミオートマチックな不具合特定機能によって、プレス成形上の不具合やそのタイプ、発生場所を迅速に特定できます。同期化されたマルチデザイン・ビューを使用して、特定した不具合の状態を追従し、すぐに比較できます。さらに、このソフトウェアでデジタル・ストーニング手法を使って、サーフェスの不良を簡単に可視化することもできます。

利点

  • 効率的なシミュレーションの設定
  • 不具合の特定と解釈
  • 工程のフィージビリティの検証
  • 結果の迅速な評価
  • プレス成形部品の成形挙動の改善

主な機能

  • ワークフローにもとづく平易なナビゲーションのコンセプト
  • セミオートマチックな結果評価
  • 企業標準の適用および管理
  • サーフェス不良の表示–デジタル・ストーニング

Downloads

パンフレット
[PDF – 1.06 MB]

 


本製品にはスイスのAutoForm Engineering GmbHが保有し又は実施できる次の特許を使用している場合があります。欧州特許-1290515、1623287、1665103、1741012、1804147、1903409、2520992、米国特許-7542889、7623939、7870792、7885722、7894929、 8155777、8271118、 8280708、8463583、8478572、8560103、8768503、9342070、9429932、日本国特許-4633625、4852420、5102332、5188803、5499126。その他の欧州、米国、日本国の出願中の特許。