高強度鋼材のプレス成形

高強度鋼材は、過去数十年にわたり、最もよくプレス成形部品として利用されている材料です。この材料から生産されたプレス成形部品は、強度の高さを特性とします。今日の自動車メーカーやサプライヤは、車両の重量削減や燃料消費への影響、二酸化酸素(CO2)の排出制限、そして製造コストに関する厳しい要件に直面しています。強度に妥協することなく、プレス成形部品の重量削減を実現する方法を模索しなければなりません。その戦略のひとつとして、従来の冷間プレス成形工程に高強度および超高強度材を利用する場合があります。これらの材料は高い強度を特性としますが、反面、成形性の低さや高いスプリングバック効果も特性として挙げられます。

AutoFormソフトウェアを利用することで、高強度および超高強度鋼材の成形工程を現実に即してシミュレーションすることができます。フィージビリティの問題を検証し、またスプリングバックの正確な挙動を確認し、そしてプレス成形金型の見込み補正を実行できます。当社のソフトウェアは、最も厳しい要件を満たす高強度部品および超高強度部品の設計、エンジニアリングおよび生産を可能にします。

新規ユーザー向けの関連製品

AutoForm-Explorer

シミュレーションの設定および結果評価

AutoForm-FormingSolver

プレス成形工程のシミュレーション

経験豊かなユーザーのための追加製品

AutoForm-StampingAdviser

製造可能なプレス成形部品のエンジニアリング

AutoForm-Sigma

プレス成形工程の分析的な改善およびロバストな製造工程の実現

AutoForm-TryoutAssistant

トライアウトをデジタルに支援

AutoForm-DieDesigner

迅速なダイフェース・デザインの作成

AutoForm-HemPlanner

効率的なヘミング工程の計画

AutoForm-Compensator

スプリングバック結果に基づく金型形状の見込み補正

AutoForm-CostEstimator

工程計画およびコスト見積もり段階で金型コストをいち早く計算

AutoForm-DieAdviser

最適な摩耗防止の定義

AutoForm-Trim

トリムラインおよびブランク外形線の最適化

AutoForm-ProcessDesignerforCATIA

CATIA V5/V6環境にて直接的に工程を設計できる標準手法を提供

AutoForm-QuickLinkforCATIA

AutoFormとCATIA間の容易なデータ交換

TriboForm

摩擦および潤滑条件をシミュレーション

トレーニング

お客様の活用事例

パートナーシップ原則
[英語 – PDF – 1.32 MB]