分析的工程改善

車種の多様化、成形部品形状の複雑化、そして高強度鋼材やアルミの使用など、プレス成形工程にはより高度な技術が求められています。国際競争が高まる中、自動車メーカーは最新鋭の技術を用いて、より高品質な成形部品をより早く提供すべく努力を重ねています。オートフォーム社では、この諸問題の対応策として、早期のエンジニアリング段階でプレス成形工程を分析的に改善する革新的な方策を開発しました。

AutoFormの分析的工程改善は、どのデザイン・パラメータがどの程度まで部品の品質に影響するかを特定することで、成形工程に透明性がもたらされ、深い理解が得られます。複数のプレス成形シミュレーションを自動的に実行します。一連のシミュレーションにてデザイン・パラメータが変化する中、エンジニアはプレス成形部品の品質目標に着目します。このように、プレス成形部品に最も影響のあるデザイン・パラメータを、早期のエンジニアリング段階から特定できます。 エンジニアはデザイン・パラメータに必要な設定を行い、同時に、この変更が部品全体に及ぼす効果をコンピュータの画面で確認します。この一連の手順が、成形工程の分析的な改善へとつながります。

関連製品

AutoForm-Sigma

プレス成形工程の分析的な改善およびロバストな製造工程の実現

トレーニング

お客様の活用事例