面ひずみを回避

プレス成形工程はサーフェスの外観とサーフェス精度に影響を与えるため、面ひずみは、シートのプレス成形でもっとも重大な不具合の1つです。その結果、製品開発工程中、サーフェスの外観および結果のサーフェス精度の不具合を回避することに多大な努力が払われます。よって、是正の対策に十分な時間を確保できるよう、面ひずみの予測が重要になります。

近年、オートフォーム社は、面ひずみの検出および回避に関する操作手順の改善に注力しています。高いシミュレーション精度と包括的な工程定義を備えたAutoFormソフトウェアを使って、面ひずみを評価および表示できるため、サーフェス精度の改善に役立ちます。

最初のステップは、部品のフィージビリティと品質を「クラスA」サーフェス要件に適合させることです。続いて参照形状の解析を行います。目標形状とシミュレーション結果を比較することで、曲率の偏差が明白になります。面ひずみが特定されたら、面ひずみを回避するために成形工程をどのように修正するか決定し、次にそれらの対策をシミュレーションの設定に組み込みます。最後のステップでは、シミュレーションを実行し、実施した対策の効果を解析および確認します。

新規ユーザー向けの関連製品

AutoForm-Explorer

シミュレーションの設定および結果評価

AutoForm-FormingSolver

プレス成形工程のシミュレーション

経験豊かなユーザーのための追加製品

AutoForm-Compensator

スプリングバック結果に基づく金型形状の見込み補正

TriboForm

摩擦および潤滑条件をシミュレーション

トレーニング