材料の歩留まり

自動車業界における最重要課題のひとつとして、材料の歩留まりが挙げられます。材料コストが最適化されたソリューションの模索は、主に2つの最新動向に基づきます。鋼材およびアルミの価格は、過去数年間、上昇を続けています。一方、衝突安全性を高めつつ軽量化を実現するために、より多くの高張力鋼や軽量材が車体構造部に使用されています。

車体の部品製造の早期開発段階から、目標とする時間、コスト、品質の均衡を模索することは、とても難しい作業です。特定の自動車モデルやその対象市場に関して、エンジニアの意思決定工程をサポートするという観点から、プレス成形シミュレーションは重要な役割を果たします。

例えば、生産台数が少ない高級車の場合、材料の歩留まりよりも、部品の品質や最終的な仕上がりが、遥かに重要です。反対に、大量生産される中級車の場合、材料の歩留まりやそのコストは大きな問題です。しかしながら、材料の歩留まりは、低価格車に最も大きな影響があり、ブランクのサイズをミリ単位で削ったり、廃棄箇所を減らすことで、大幅なコスト削減が実現できます。

コイル – 最小限の歩留まり最小限の歩留まりを考慮した、コイル上のブランクの最適なレイアウト

専用に開発されたソフトウェア製品によって、材料の最小限の歩留まりを考慮しながら、コイル上のブランクの最適なレイアウトを効率的に計算できます。

AutoForm材料の歩留まりについての詳細情報:

最小限の材料の歩留まり

材料に関連する問題[英語版]

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。