AutoForm-FormingSolver

AutoForm-FormingSolverを使って、ドロー工程および2工程目以降のスプリングバックおよびヘミングを含むプレス成形工程全体を高速かつ正確にシミュレーションし、検証できます。AutoForm-FormingSolverでシミュレーション結果が出たら、それらをAutoForm-Explorerで表示して成形工程の詳細な情報が得られます。AutoForm-FormingSolverは、ラインまたはトランスファ型や順送型によるプレス成形のシミュレーションを行います。

AutoForm-FormingSolverは、エンジニアリング工程のすべての段階を最適にサポートします。AutoForm-FormingSolverを使って、早期のコンセプト開発段階で迅速にシミュレーション結果を取得することができ、また、最終検証段階では非常に詳細な結果を得ることができます。

AutoForm-FormingSolverは、シミュレーション結果を1つずつ提供します。つまり、シミュレーションで選択する入力パラメータは1セットのみであるため、ソルバーの結果は、それに対する成形工程の決定論的な結果となります。ただし、AutoForm-FormingSolverでは、AutoForm-Sigma機能を使って確率的解析を実行することもできます。一連のシミュレーションでは、プレス成形部品の品質目標やプレス成形のロバスト性に注目を置きつつ、デザインまたはノイズ・パラメータが変化します。

さらに、AutoForm-Thermo Plug-Inで熱解析、AutoForm-PhaseChange Plug-InでMnB等級鋼材の相変態解析、およびTriboForm Plug-Inでシミュレーションに使用するトライボロジ・モデルのリファインメントに対応するなど、AutoForm-FormingSolverの機能を拡張することができます。

利点と主な機能

  • ラインおよび順送型プレス成形のシミュレーション
  • 深絞り、リストライク、トリム、フランジ、およびヘミング工程の迅速で正確なシミュレーション
  • 正確なスプリングバックのシミュレーション
  • 全プレス成形工程に対する深い理解
  • 品質やコストを改善するための新規工程コンセプトの迅速な検証
  • SMPまたはMPP並列処理テクノロジを活用した計算時間の短縮
  • 熱効果、相変態およびトライボロジの改善などの強化オプション

ダウンロード

パンフレット
[PDF – 1.15 MB]