分析的工程改善

分析的工程改善によって、成形工程を分析的に改善することができます。成形部品は形状がより込み入り、また多くの高強度鋼材が採用された結果、プレス成形工程も急速に複雑化が進んでいます。また市場は激しい競争下にあるため、非常に短いリードタイムにて、品質の高いプレス成形部品を納品する必要性も高まっています。

分析的工程改善 - デザイン・パラメータの変数

どのデザイン・パラメータが、どの程度、部品の品質に影響を及ぼすかを特定することが重要です。

分析的工程改善によって、デザイン・パラメータが部品の品質に与える影響の度合いが可視化されるため、成形工程に透明性がもたらされます。デザイン・パラメータとは、部品、金型、工程設計に適用する入力パラメータを意味し、例えば、部品半径、バインダ・サーフェス形状、余肉形状、ドロービードの使用および位置、ブランクホルダ力、潤滑などが挙げられます。

分析的工程改善では、複数のプレス成形シミュレーションが自動実行します。一連のシミュレーションにてデザイン・パラメータが変化する中、エンジニアはプレス成形部品に設定された品質目標に着目します。例えば、しわがない、われがない、または十分な引き伸ばし等の品質目標は、ひとつ以上の出力変数に対して指定できます。金型や工程の設計段階からプレス成形部品に最も影響のあるデザイン・パラメータを特定できるため、成形工程の体系的な改善につながる調整が可能となります。最善と判断された設計変数一式が、最もフィージビリティの高い工程を創出します。また成形工程をより深く理解することで、開発時間の短縮も実現できます。分析的工程改善を実施することで、量産開始前に製造工程における主要な不具合を検出し、解決することができます。

AutoFormの分析的工程改善に関する詳細情報:

Making its Mark[英語版]

加工によるバラツキの分析的な工程改善

感度解析、最適化およびロバスト性のソフトウェア

ロバストな工程改善に関するAutoFormのトレーニング

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。