AutoForm-Compensator

AutoForm-Compensatorでは、正確なスプリングバックの計算または計測されたスプリングバックのデータをもとに、金型サーフェスを自動修正します。ユーザーが見込み補正領域を定義すると、スプリングバックの計算結果をもとに、その領域が自動的に見込み補正されます。見込み補正形状を使い、迅速で正確な金型の検証が行えます。

ダイフェースはスプリングバックと反対方向に見込み補正されます。このソフトウェアでは、金型面全体または選択した領域のみを修正できます。金型内に複数の領域を定義できるため、見込み補正を分析的にコントロールできます。

見込み補正した金型形状は、次のシミュレーションに自動的に適用されます。定義した公差内に収まる最終部品形状が、最小限の修正ループで作成できます。

利点

  • 工程計画および工程エンジニアリングの信頼性
  • 修正ループの削減
  • スプリングバックによる後工程での修正のリスクなし

主な機能

  • ユーザー定義の見込み補正領域
  • フリー・スプリングバックとクランプで固定されたスプリングバックに対応
  • 金型形状の自動調整

ダウンロード

パンフレット
[PDF – 647 KB]

お客様の活用事例