スプリングバックを最小限に抑制

近年の自動車メーカーは、厳しい安全基準を満たす軽量な車両の生産に取り組んでいます。このため、従来の深絞り鋼に代わり、高強度および超高強度鋼材、そしてアルミの採用が広がっています。しかし先進の材料で生産した部品は、スプリングバックの影響を受けやすいため、さらなる問題が生じます。スプリングバックによって部品の最終形状が変化するため、品質基準を満たした効率的な生産を実現するには、スプリングバックを最小限に抑制することが重要です。

AutoFormソフトウェアの最新技術によって、スプリングバックの問題に対処できます。それぞれの成形またはカット工程後の現象を計算でき、また、クランプの順序も考慮できるため、スプリングバックを最小限に抑制することができます。

関連製品

AutoForm-Explorer

シミュレーションの設定および結果評価

AutoForm-FormingSolver

プレス成形工程のシミュレーション

トレーニング

お客様の活用事例