AutoFormソフトウェア動作環境

AutoFormソフトウェアは、以下のプラットフォームで使用できます。

AutoForm Forming R8

構成要素 利用可能なOS

フロントエンド・コンポーネント
(AutoFormユーザー・インターフェース
およびフロントエンド・モジュール)

Windows 7 64ビット版
(Professional、Ultimate、Enterprise),
Service Pack 1

Windows 10 (Pro、Enterprise)

Windows Server 2016

バックエンド・コンポーネント
(ソルバー)

Windows 7 64ビット版
(Professional、Ultimate、Enterprise),
Service Pack 1

Windows 10 (Pro、Enterprise)

Windows Server 2016

Linux 64ビット版 *

ライセンス・サーバー (RLM)

Windows 7 64ビット版
(Professional、Ultimate、Enterprise),
Service Pack 1

Windows 10 (Pro、Enterprise)

Windows Server 2016

Linux 64ビット版 *

  • x86-64マイクロプロセッサ・アーキテクチャのみ。GNU C library glibc 2.5 またはそれ以上、そしてSUSE Linux Enterprise Server 11または12、openSUSE 42、またはRed Hat Enterprise Linux 5、6または7が必要です。

すべてのWindowsプラットフォーム:

  • x86-64マイクロプロセッサ・アーキテクチャのみに対応しています。
  • AutoForm R8 インストーラーは .NET 3.5 Client Profileを必要とします。

AutoForm Hydro 2016

構成要素 利用可能なOS

フロントエンド & バックエンド

Windows 7 64ビット版
(Professional、Ultimate),
Service Pack 1*

ライセンス・サーバー (FlexNet Publisher)

Windows 7 64ビット版
(Professional、Ultimate),
Service Pack 1*

Linux 64ビット版 **

  • x86-64マイクロプロセッサ・アーキテクチャのみ。
  • x86-64マイクロプロセッサ・アーキテクチャのみ。GNU C library glibc 2.3、Standard C++ library libstdc++.so.5とSUSE Linux Enterprise Server 10、openSUSE 10または11、またはRed Hat Enterprise Linux 3、4または5が必要です。

CAD組込み型モジュールR8

構成要素 利用可能なOS

CATIA - 組込み型製品

CATIA V5R21, V5R22, V5R23, V5R24, V5R25, V5R26, V5R27 および V5R28

Windows 7 64ビット版
(Professional、Ultimate、Enterprise),
Service Pack 1

NX - 組込み型製品

NX 9.0, NX 10.0, NX 11.0 および NX 12.0

Windows 7 64ビット版
(Professional、Ultimate、Enterprise),
Service Pack 1

ライセンス・サーバー (RLM)

Windows 7 64ビット版
(Professional、Ultimate、Enterprise),
Service Pack 1

Windows 10 (Pro、Enterprise)

Windows Server 2016

Linux 64ビット版 *

  • x86-64マイクロプロセッサ・アーキテクチャのみ。GNU C library glibc 2.5 またはそれ以上、そしてSUSE Linux Enterprise Server 11または12、openSUSE 42、またはRed Hat Enterprise Linux 5、6または7が必要です。

すべてのWindowsプラットフォーム:

  • x86-64マイクロプロセッサ・アーキテクチャのみに対応しています。
  • AutoForm R8 インストーラーは .NET 3.5 Client Profileを必要とします。

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。