分析的工程改善

高まりを続ける車種の多様性、成形部品形状の複雑化、そして高強度鋼材やアルミの使用など、プレス成形工程にはより高度な技術が求められています。国際競争が高まる中、自動車メーカーは最新鋭の技術を用いて、より高品質な成形部品をより早く提供すべく努力を重ねています。AutoForm Engineering社ではこの諸問題の対応策として、プレス成形工程を分析的に改善する革新的な方策を開発しました。この方策によって、早期の設計段階からプレス成形工程の分析的な改善に取り組むことが可能になります。

AutoFormの分析的工程改善は、どのデザイン・パラメータがどの程度まで部品の品質に影響するかを特定することで、成形工程に対するより深い見識や透明性をもたらします。デザイン・パラメータは、例えば、部品半径、バインダ・サーフェス形状、余肉形状、ドロービードの使用および位置決め、ブランクホルダ荷重、潤滑など、部品、金型や工程設計を設定する入力パラメータです。複数のプレス成形シミュレーションが自動的に実行します。シミュレーションの実行中にデザイン・パラメータが変化しますが、エンジニアはプレス成形部品の品質目標に集中します。品質目標については、例えばわれがない、しわがない、または引き伸ばしが十分であるなど、シミュレーションからひとつ以上の結果変数を特定できます。プレス成形部品に最も影響のあるデザイン・パラメータを、このように設計の早期段階から特定できます。 エンジニアはデザイン・パラメータに必要な設定を行い、同時に、この変更が部品全体に及ぼす効果をコンピュータの画面で確認します。この一連の手順が、成形工程の分析的な改善へとつながります。

分析的工程改善では、設計変数値を適切に選択することで、工程のフィージビリティが最良となります。そしてエンジニアは、複雑な部品形状、高強度材やアルミ、時間的制約や品質要求などに対して、適切に対処できるようになります。成形工程をよりよく理解することは、開発時間の短縮につながります。分析的工程改善を実施することで、エンジニアは製造開始前に、主な製造上の不具合を特定および解決することができます。



関連製品:

AutoForm-Sigmaplus

パンフレット:

AutoForm-Sigmaplus – 分析的な工程改善を実現するソフトウェア

AutoForm-Sigmaplus – ロバストな工程確認のためのソフトウェア

AutoForm-Sigmaplus – トライアウト/量産工程をサポートするソフトウェア

トレーニング:

ロバストな工程改善

お客様の活用事例:

Making its Mark [英語]

AutoFormへのお問い合わせ

Action

会社情報

お問い合わせ

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。