プレスリリース

オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化

オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化 オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化 オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化 オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化 オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化 オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化 オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化 オートフォームAutoForm-QuickLink を開発– AutoFormplus とCADシステムの相互運用性を強化

AutoForm Engineering GmbHは、このほどAutoForm-QuickLinkを開発しました。このソフトウェアは、AutoFormplusとCADシステムの相互運用性を強化します。このソフトウェアを使用して、工程設計部門は社内外の部門とのより効率的なコラボレーションを通して作業効率を高めることができます。

AutoForm-QuickLinkはAutoFormの最新ソフトウェアであり、プレス成形工程シミュレーションにおけるAutoFormの専門性とCATIAおよびNXの強力な設計機能とを連携させるものです。このソフトウェアは特に、金型設計段階においてプレス成形工程完了時のダイ・レイアウトを定義および検証する際に力を発揮します。

AutoForm-QuickLinkの主な用途は次の2つです。

  • AutoFormplusでダイ・フェース・コンセプトの検証を実行した後、AutoFormplusからCAD環境へデータを出力します。CADユーザーは、CADシステムに読み込まれた工程データを基に、工程の詳細を設計できます。CATIA環境で作業するユーザーは、AutoForm-ProcessDesignerforCATIAを活用してCAD品質のサーフェスをCATIA環境で素早く生成できます。NX環境で作業するユーザーは、NXネイティブの機能で、この手順を実行できます。
  • CADシステムで作成されたダイ・フェースを使い、AutoFormplusで最終検証シミュレーションを実行するために、CADシステムからAutoFormplus環境へデータを出力できます。

取り込み、そして出力されるデータの一貫性は完全に保証されるため、マニュアル操作によるデータ交換に比べ、人的エラーを未然に防ぎCADにおける設計プロセスを大幅に改善します。AutoForm-QuickLinkforCATIAは、効率的なデータ交換を実現し、データの一貫性、透明性と使い勝手を改善します。

AutoForm Engineeringのコーポレート・マーケティング・ディレクター、Markus Thommaはこう述べています。「AutoForm-QuickLinkを使用すれば、CADユーザーは、CAD設計工程を大幅に高速化することができます。このソフトウェアで、AutoFormplusとCADシステム間で、必要に応じ選択された形状や工程データを読込み、出力できます。形状や部品位置、ティッピングやカム方向を、CAD環境内で簡単に変更することができます。AutoForm-QuickLinkを使用すると、一貫した命名規則や命名体系、完全な工程構造の転送が可能です。これらの新しい機能が備わったこの革新的なソフトウェアが、AutoFormplusとCADシステム間のシームレスなデータ・フローを実現し、世界中の工程設計部門の業務を大幅に効率化します。」

コンタクト

マーケティング部
〒105-0021
東京都港区東新橋2丁目3番17号
MOMENTO SHIODOME 3階
日本

03 3431 7661