ストリップ・レイアウト

ストリップ・レイアウト設計は、順送金型プレス成形の工程計画およびコスト見積もり段階における、重要な作業です。かつては特に経験豊かな設計者が手作業で行っていましたが、現在では最新のソフトウェア・シミュレーション・テクニックが活用されています。ストリップ・レイアウト設計では、金型設計者が部品生産に必要なプレス成形工程のタイプ、工程シーケンス、必要なステーション数、順送金型の各ステーションで実行する作業を決定します。

ストリップ・レイアウト定義に理想的なソフトウェアを使って、最初に1個取りまたは2個取りの部品のレイアウトを定義し、次に異なるネスティング・オプションを迅速に評価および比較できます。ブランク形状やネスティングの予測、材料使用量の削減、あるいは部品コストの早期見積りも簡単に検討できます。またウェブ設計のための新機能によって、事前定義された形状だけでなく、目標形状も、手間なくモデル化することが可能となりました。

関連製品

AutoForm-StampingAdviser

製造可能なプレス成形部品のエンジニアリング

AutoForm-CostEstimator

工程計画およびコスト見積もり段階で金型コストをいち早く計算

トレーニング