トライアウト/量産ソリューション

プレス成形のロバスト性を最大化するソフトウェア・ソリューション

プレス成形部品と工程のロバスト性向上は、プレス成形業界の誰もが関心を寄せる課題です。今日、ほぼすべてのプレス成形関連企業が生産関連の問題を抱えており、それらは偶発的かつ不可避であるかのように見えます。

  • 品質仕様に適合した部品のプレス成形を数千回重ねるうちに、不良品発生率が突然上昇することがあります。例:コイル交換の直後から部品が品質許容値を外れるようになったなど。
  • プレス成形工程を絶え間なく調整する必要があり、生産目標に届かないことがある。例:プレス・パラメータの微妙な修正(潤滑剤、ブランクホルダ力など)、部品の特性(丸みを帯びたエッジなど)によるプレス成形工程の不安定化など。

トライアウト/量産ソリューションによって、製品設計と金型設計の初期段階でプレス成形のロバスト性に関する問題を特定することができます。つまり、ロバストなプレス成形工程を実現するベストな製品設計と金型設計の開発が可能になるのです。

トライアウト/量産ソリューションがもたらすメリット:

  • 統計的な工程制御技術とプレス成形シミュレーションを独自に組み合わせたソフトウェアにより、製品設計と金型設計の初期段階でプレス成形工程の工程能力を決定し、想定外のダウンタイムとプレス・ラインのトラブル・シューティングを最小限に抑制できます。
  • プレス成型工程に特有のバラツキをシミュレーションで検討し、製造現場の状況をより現実的に反映させることができます。高度なプレス成形シミュレーション技術とソフトウェアに組み込まれた確率解析モデルを組み合わせることで、プレス成形工程のロバスト性に対する影響の定量化と予測が可能です。
  • 品質目標に強い影響を与える主要因を特定することができます。複数のプレス成形シミュレーションし、設計や工程のパラメータ変更、統計解析を行うことで、ロバスト性の最適条件を検討します。ロバスト性の最適条件は、プレス成形部品を企業の品質および生産目標に適合させるのに必要な信頼のおける全体条件に相当します。
  • 適切な統計アルゴリズムが選択・統合されているため、設計者やプレス成型技術者が直接利用することができ、統計解析担当者の作業量が軽減します。これによって、プロダクト・デザイン、金型設計、プレス成形現場の各部署の間で、コンカレント・エンジニアリング・プロジェクトを実行することができます。

トライアウト/量産ソリューションを活用することで、プレス成形の潜在的な問題を自動車開発サイクルの初期段階で解決し、時間と資源をセーブすることができます。その結果、自動車の新モデルをいち早く市場投入できるという大きなメリットが生まれます。

トライアウト/量産ソリューションの主な特長:

  • 統計的な工程制御技術とプレス成形シミュレーションの独自の組み合わせ
  • 設計変数と製造変数をグラフィカルに設定
  • 部品品質に影響を与えるバラツキを迅速に特定
  • 複数シミュレーションの自動設定と解析実行
  • 工程能力のインジケータ(Cp、Cpk)を部品に直接グラフィカル表示

顧客事例:

本製品にはスイスのAutoForm Engineering GmbHが保有し又は実施できる次の特許を使用している場合があります。欧州特許-1290515、1623287、1665103、1741012、1903409、2520992、米国特許-7542889、7623939、7870792、7885722、7894929、 8155777、8271118、 8280708、8463583、8478572、8560103、8768503、9342070、9429932、日本国特許-4633625、4852420、5102332、5188803、5499126。その他の欧州、米国、日本国の出願中の特許。

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。