AutoForm-ThermoSolverplus

熱間プレス成形と焼き入れ工程の効率的なシミュレーションを実現するソフトウェア

AutoForm-ThermoSolverplusを利用すると、熱間プレス成形と焼き入れ工程をより現実的にシミュレーションすることが可能です。自動車業界では近年、より高度な衝突安全性や総重量削減などの要件を満たすために、こうした工程の重要性が増しています。AutoForm-ThermoSolverplusなら、スプリングバックを最小限に抑え、高強度で複雑な形状の部品をより短時間、低コストで設計することができます。

AutoForm-ThermoSolverplusは焼き入れと冷却工程を含む、直接および間接工法による熱間プレスをサポートします。この革新的なソフトウェアは、相変態中の熱膨張と容積および変態塑性ひずみをも考慮します。さらに、AutoForm-ThermoSolverplusは、新ユーザー・インターフェースに完全に統合されており、板厚分布、ひずみ – 応力分布といった最終的な部材特性、さらにはオーステナイト、フェライト、パーライト、ベイナイトとマルテンサイト、および材料硬化といった異なる材料フェーズをグラフィカルに表示します。

このソフトウェアによって、材料の構造変化とその効率的な制御方法について、より深い知見を得ることができます。焼き戻し工程を調整することで、目標とする局部強度特性を備えたプレス部品を設計することが可能です。また解析結果に基づき、熱間プレス成形部品の現実的な強度分布を考慮することで、衝突解析の精度が向上します。

自動車メーカーとサプライヤはAutoForm-ThermoSolverplusを利用することで、新しい自動車モデルに必要なAピラーとBピラー、トンネル、フロントとリアのバンパー・ビーム、サイド・レイル・メンバー、ドア・ビーム、またはルーフ・レールなどの熱間プレス成形部品の工程を確実に設計することができます。

AutoForm-ThermoSolverplusがもたらす主なメリット:

  • 熱間プレス成形と焼き入れ工程の現実的なシミュレーション
  • 複雑な形状のプレス成形部品でもスプリングバックを最小限に抑制
  • 目標とする局部強度特性を備えたプレス成形部品の設計
  • 衝突解析の精度向上

AutoForm-ThermoSolverplusの主な特長:

  • 直接・間接の熱間プレス成形工程を迅速にシミュレーション
  • 相に依存した材料モデルを考慮した、熱 – 機械連成解析
  • 焼き入れと冷却後の熱変形の間の相変位を考慮
  • 焼き戻し工程の考慮
  • 新ユーザー・インターフェースに完全に統合 - 板厚分布、ひずみ – 応力分布といった最終的な部材特性、さらには異なる材料フェーズの分布と割合、材料硬化をグラフィカルに表示

ダウンロード:

カタログ

お客様の活用事例:

新基準としてのテーラード・テンパリング

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。