プレスリリース

オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進

オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進 オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進 オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進 オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進 オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進 オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進 オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進 オートフォーム社がBiWアセンブリのソリューションを発表し、製造工程のデジタル化を促進

プレス成形およびBiWアセンブリ工程のソフトウェア・ソリューションの世界有数のサプライヤであるAutoForm Engineering GmbH(本社:スイス)は、最新のソフトウェア・ソリューションAutoForm Assemblyを発表しました。このソリューションは、アセンブリ部品の特質をすべて網羅したBiWアセンブリ工程チェーンを対象としています。AutoForm Assemblyの活用によってBiWアセンブリ工程の諸問題を実際の生産開始前に特定でき、またデジタル化の拡大も促進します。

オートフォーム社のBiWアセンブリ向けソリューションは、早期のフィージビリティからプロセス・エンジニアリング、さらにはBiWの生産まで、BiW工程チェーン全体をサポートします。BiWアセンブリ工程にAutoFormソフトウェアを導入することで、車体製造工程を深く理解し、代替部品や組立工程の設計を迅速に評価し、寸法偏差の原因を特定して、効果的な対策を講じることができます。AutoForm FormingおよびAutoForm Assemblyのソリューションを併用することで、プレス成形とBiWアセンブリの工程を網羅できます。

AutoForm Assembly独自の機能によって、様々な接合やヘミングを含むアセンブリ工程全体をバーチャルに設定できます。部品の挿入順序やパイロット・ピンやクランプの位置、そして接合順序を考慮しながら、工程を容易に修正できます。AutoForm Assemblyを活用し、開発段階の早期に製品の成熟度を高めることが、トライアウトや製造の段階で製品の修正回数の削減をもたらします。金型や設備の修正コストを削減できるだけでなく、工程の成熟度を高め、トライアウトや生産開始時のロバスト性も検証できます。

オートフォーム・グループCMOのマーカス・トマ博士は次のように述べています。「BiW分野に、これまでにない新たなソフトウェア・ソリューションをお届けできることを嬉しく思います。AutoForm Formingは長年にわたり、世界中のOEM、部品メーカー、金型工場、エンジニアリング・サービス・プロバイダーに選ばれてきました。この度、AutoForm Assemblyによって対象となる製造工程を拡張し、BiWアセンブリ分野のお客様に最先端のソフトウェア・ソリューションをお届けすることが可能となりました。AutoForm Assemblyを使用することで、コストとリードタイムの両方が削減でき、日常業務に確実な利便性を感じていただけるでしょう。」

コンタクト

マーケティング部
〒105-0021
東京都港区東新橋2丁目3番17号
MOMENTO SHIODOME 3階
日本

03 3431 7661