AutoFormの技術革新

効率的なヘミング工程の検討
効率的なヘミング工程の検討
アダプティブ・ライン・ビード
アダプティブ・ライン・ビード
セミオートマチックな結果評価
セミオートマチックな結果評価
分析的工程改善
分析的工程改善
工程計画
工程計画
ロバストな製造
ロバストな製造
迅速なダイ・フェース設計
迅速なダイ・フェース設計
迅速で正確なプレス成形シミュレーション
迅速で正確なプレス成形シミュレーション

AutoFormのソフトウェアは、直観的なユーザーインターフェース、正確な結果、短い計算時間、設計・エンジニアリング・生産環境における高い信頼性と実用性で知られています。

精度、スピード、使いやすさの強力な組み合わせで画期的な時間短縮とコスト削減を可能にし、同分野の代表的なソフトウェアとしての地位を確立しています。AutoFormは過去20年以上にわたり、技術革新によって金型製造とプレス成形の業界に革命を起こしてきました。

将来に目を向けると、自動車業界にはプレス成形に関して取り組むべき課題がまだ数多く残っています。また、梱包、医療機器、電化製品、台所用品、家具といった他の業界でも、業務改善に大きな余地があります。AutoFormは、お客様のプレス成形プロセスチェーンに関する正しい意思決定のため、幅広いサポートを提供しています。

AutoFormのソフトウェア・ソリューション – 主な技術革新:

  • 2015年:
    効率的なヘミング工程の検討:
    容易な金型形状および動作の定義、従来4日間かかっていた計算を4時間に短縮
  • 2013年:
    アダプティブ・ライン・ビード:
    精度と計算スピードの向上
  • 2012年:
    会社標準の適用:
    会社ごとに異なる標準の効率的な適用と管理
  • 2012年:
    セミオートマチックな結果評価:
    プレス成形に関する不具合の種類や箇所の速やかな特定
  • 2011年:
    分析的工程改善(SPI):
    新しい信頼性向上アプローチによる分析的工程
  • 2009年:
    包括的デジタル工程計画(CDPP):
    市場投入までのリードタイム、コストのみならず機能や品質面などの要件も配慮した多次元的アプローチ
  • 2007年:
    工程計画:
    工程計画の標準化とコスト最適化
  • 2005年:
    ロバストな製造:
    プレス成形作業におけるスクラップと不良品の割合の低減
  • 2003年:
    ブランクのネスティングのコスト最適化:
    材料コストと材料使用量の最小化
  • 2003年:
    ハイドロフォーム部品の金型設計と工程設計:
    部品形状解析と成形シミュレーションを1日で実行
  • 2000年:
    迅速なダイ・フェース設計:
    1週間かかっていたダイ・フェース設計の確認を半日に短縮
  • 1995年:
    迅速で正確なプレス成形シミュレーション:
    2日かかっていたプレス成形シミュレーションを2時間に短縮

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。