AutoForm-Trimplus

最適なトリム・ラインとブランク外形を自動的に決定するソフトウェア

AutoForm-Trimplusは最適なブランク・ライン、トリム・ラインを検討するためにAutoForm-Solverplus と組み合わせて使用し、トリム金型のトライアウトとブランク・ラインの決定に使用するツールです。このソフトウェアでは、絞り型とトリム型を同時に設計できます。

図:  絞り後の製品およびトリムライン;トリムされた部品;リストライク部品と必要な部品境界(黄色)およびAutoForm-Trimplusによる初回の反復処理前のトリム・ライン(グレー) リストライク部品と必要な部品境界およびAutoForm-Trimplusによる最後の反復処理後の最適化されたトリム・ライン。

最適なトリム・ラインを実現するためには、多工程プレス成形工程が必要です。AutoForm-Trimplusは、トリム工程後のターゲットとする工程の最後に部品境界が寸法通りとなるよう、トリム・ラインを最適化します。部品の境界が寸法内に収まるまで、トリム・ラインを自動修正します。

ニア・ネット・シェイプ製造(バカ押し)を行うには、最適なブランク外形が必要です。AutoForm-Trimplusを使用することにより、クラッシュフォーミングの最後に部品境界が目標の形状寸法となるよう、ブランク・ラインが最適化されます。ブランク外形の検討にはワンステップの逆シミュレーションも利用できますが、AutoForm-Trimplusでは複数の成形ステップが検討できるため、結果としてはるかに高い精度を実現できるという点で、ワンステップ・シミュレーションよりも優れています。

AutoForm-Trimplusがもたらす主なメリット:

  • 最適なトリム・ラインとブランク外形を迅速に決定
  • 絞り型とトリム型を同時に開発して時間とコストを節約、コンカレント・エンジニアリングの実現
  • 金型全体の設計サイクルを短縮
  • 複雑な部品のレーザ・トリムのトライアウト時間を短縮し、一般的に数日単位で節約

AutoForm-Trimplusの主な特長:

  • ニア・ネット・シェイプ製造(バカ押し)のブランク外形を自動的に決定
  • 複数のブランク外形を自動的に計算(対象となる境界がブランクの穴の外形線やインナ・カット外形線の形で複数存在する場合など)
  • お客様が指定したブランクまたはカット・アウトラインの(部分)セグメントを計算
  • 1回のトリム・トライアウトで複数のせん断工程のすべてのカットアウト・ラインを同時に決定

ダウンロード:

カタログ

本製品にはスイスのAutoForm Engineering GmbHが保有し又は実施できる次の特許を使用している場合があります。欧州特許-1290515、1623287、1665103、1741012、1903409、2520992、米国特許-7542889、7623939、7870792、7885722、7894929、 8155777、8271118、 8280708、8463583、8478572、8560103、8768503、9342070、9429932、日本国特許-4633625、4852420、5102332、5188803、5499126。その他の欧州、米国、日本国の出願中の特許。

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。