金型開発ソリューション

多工程解析とスプリングバック補正のソフトウェア・ソリューション

自動車業界では近年、生産時間とコストの改善によって生産性が大幅に向上しています。より効率的で信頼のおける生産を実現するために、メーカーとサプライヤはプレス成形金型の信頼性向上を強く求められており、ロバストなプレス成形工程の実現に向け、最適なプロダクト・デザインと金型設計の開発に重点的に取り組んでいます。

さらに新たな課題として挙げられるのは、超高張力鋼やアルミなどの新材料や、最新のプレス成形技術の導入です。金型開発ソリューションは、こうした要件に対応できる性能を備えています。プレス成形のトライアウトと最適化ループの回数、さらには金型開発の工程全体のリードタイムを削減できます。

金型開発ソリューションは、自動車業界で最も広く利用されているプレス成形シミュレーション・ソフトウェアです。このソリューションにより、プレス機へのブランク挿入から、バインダ・ラップ、ドロー、トリム、リストライク、フランジ、スプリングバック、そしてスプリングバック補正まで、プレス成形工程全体の詳細な検討が可能になります。摩耗防止の最適化も金型設計の開始前に行うことができます。

このソリューションは、工程計画の担当者や金型設計者を対象にしています。 プレス成形工程全体を迅速かつ効率的に設定でき、工程の修正や異なる工程設計検討および評価により工程計画や金型設計の最適化が可能です。スピーディにして高精度、そしてロバストなプレス成形工程に影響を及ぼすバラツキを検討する、完璧なコンビネーションのシミュレーション技術です。このソリューションは、極めて優れた機能群によって、すべてパラメータ化された金型形状を、迅速かつ高品質に作成することができます。 CAD-システムとAutoFormソフトウェアのシームレスでインタラクティブな統合は、ダイ・フェースの開発スピードを大幅に向上させます。

部品品質の信頼性を重要視し、かつプレス成形工程の持続的な革新と最適化を求めるお客様にとって、金型開発ソリューションは意義あるものとなるでしょう。このソリューションは製造計画、工程計画、金型設計および製造やトライアウトの各部署で有用です。

金型開発ソリューションがもたらすメリット:

  • 金型とトリムの検証とスプリングバック補正が済んでいるため、全体的なリードタイムとトライアウト工数が削減
  • 金型と部品の品質を確保
  • スプリングバック・シミュレーションやスプリングバック補正を含む金型や工程設計の詳細検討を可能にし、プレス成形工程の最大ロバスト性を確保
  • 複数のコンセプトを迅速に検証し、品質とコストを改善
  • 金型の最適な摩耗防止を検討
  • 最短の改良時間で最も正確なトライアウト結果を提供

金型開発ソリューションの主な特長:

  • プレス成形の全工程で迅速な工程設計と3D金型設計が可能に
  • 完全なパラメトリック化で簡単に修正可能な3D金型設計を用いた迅速な最適化
  • 深絞り、フランジ曲げ、リストライク、トリム、カム工程の高精度なトライアウト・シミュレーション
  • 成形性、面精度の検出、金型の磨耗をはじめとする包括的な結果
  • 正確なスプリングバック・シミュレーションとスプリングバック補正
  • プレス成形の最大ロバスト性に影響を与えるバラツキの検討
  • CADシステムとの間でシームレス、インタラクティブにデータ交換

顧客事例:

本製品にはスイスのAutoForm Engineering GmbHが保有し又は実施できる次の特許を使用している場合があります。欧州特許-1290515、1623287、1665103、1741012、1903409、2520992、米国特許-7542889、7623939、7870792、7885722、7894929、 8155777、8271118、 8280708、8463583、8478572、8560103、8768503、9342070、9429932、日本国特許-4633625、4852420、5102332、5188803、5499126。その他の欧州、米国、日本国の出願中の特許。

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。