AutoForm-ProgSim

AutoForm-ProgSimによって、順送金型メーカーのお客様は、ストリップ・コンセプトを効果的に設計、シミュレーション、検証および修正することが可能となります。コストがかかる試行錯誤型の微調整、そして高価なプロトタイプの設計や作成を回避できるため、ストリップ・コンセプトの検証は、順送金型メーカーにとって必須です。

AutoForm-ProgSimでは、ドロー、フランジ曲げ、成形、トリム工程、そしてスプリングバックの評価を含む、順送金型のプレス成形工程全体をシミュレーションできます。インクリメンタル・シミュレーションの技術を基盤に、効果的にシミュレーションを行います。まず金型形状をCimatronで定義すると、それをAutoForm-ProgSimへ簡単に取り込むことができます。これによって、プレス成形工程全体をシミュレーションし、結果を評価できます。最適なトリムラインやスプリングバックなどの結果は、Cimatronへ戻して、金型の調整を行うこともできます。

利点

  • シミュレーションの設定時間の短縮
  • 金型の干渉/衝突のリスクを完全に解消
  • 不具合の特定と対策の迅速な評価
  • トリムラインの最適化およびスプリングバックの抑制を含む金型の検証
  • 実際のトライアウトの修正ループに関連する時間とコストの削減

主な機能

  • CAD環境から金型形状を直接インポート
  • 金型の動作確認に対応した工程パラメータの簡潔な定義および検証
  • インクリメンタル・シミュレーションの技術に基づく正確なプレス成形工程結果
  • 形状金型を素早く置換
  • 直感的な結果分析機能

ダウンロード

パンフレット
[英語 – PDF – 956 KB]