AutoForm-ProcessPlannerplus

効率的な工程計画を実現するソフトウェア

AutoForm-ProcessPlannerplusは、工程や代替案の迅速な定義、およびその実行性の評価を可能にします。それにより、製造工程の指針や規格の範囲内で、高品質でコスト効率のよい部品を生産するための工程計画を定義することができます。

AutoForm-ProcessPlannerplusによって、ユーザーが工程コンセプトを定義、評価、修正および文書化できるため、従来の二次元の静的かつ標準的な工程コンセプトと三次元のダイ・レイアウト・モデルの垣根が低くなります。AutoForm-ProcessPlannerplusは、プレス成形のエンジニアや設計者が特定製品の工程計画を作成し、金型要件の評価や単価見積もりの計算を行うといった柔軟性を実現します。

三次元の部品入力から始まり、AutoForm-ProcessPlannerplusの自動フィーチャー検出機能によって、工程コンセプトを迅速に計画できます。ユーザーは、選択した生産ラインの範囲内で工程順序を定義し、最も簡潔な工程を使うか、または品質やコストの目標に対して最も効率のよい工程の代替案を選択します。

AutoForm-ProcessPlannerplus、AutoForm-CostEstimatorplus、そしてAutoForm-StampingAdviserplusを直接リンクさせることで、標準的な単価計算を強化でき、金型のコストやブランクの要件に関する機能性や信頼性を高めます。

AutoForm-ProcessPlannerplusでは、トリム曲線、プレス成形時の姿勢、カム角度を直接表示して編集することができます。作成された工程計画は、AutoForm-ProcessExplorerplusによる工程設計のベースとして即時に利用でき、必要なダイフェースの作成やシミュレーションの入力の作成ガイドとなります。工程を定義する三次元の入力を作成し、それをCAD対応エンティティとして転送することが可能です。

工程設計全体を通じてダイフェースや成形工程を調整し、AutoForm-ProcessPlannerplusを利用して工程の代替案を定義および編集することで、工程が成熟したものとなり、また工程計画の目的も確立できます。

AutoForm-ProcessPlannerplusがもたらす主なメリット:

  • 複数の工程計画の迅速な定義
  • 計画の信頼性向上
  • 簡単で迅速な報告書作成
  • 工程設計および検証へ直接移行

AutoForm-ProcessPlannerplusの主な機能:

  • フィーチャーをベースとする工程計画
  • 工程設計入力の三次元定義および可視化
  • 工程順序の直感的な定義
  • 工程計画の客観的な評価

ダウンロード:

カタログ

本製品にはスイスのAutoForm Engineering GmbHが保有し又は実施できる次の特許を使用している場合があります。欧州特許-1290515、1623287、1665103、1741012、1903409、2520992、米国特許-7542889、7623939、7870792、7885722、7894929、 8155777、8271118、 8280708、8463583、8478572、8560103、8768503、9342070、9429932、日本国特許-4633625、4852420、5102332、5188803、5499126。その他の欧州、米国、日本国の出願中の特許。

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。