AutoForm-ProcessExplorer®plus

シミュレーション設定と結果評価のソフトウェア

AutoForm-ProcessExplorerplusでは、AutoForm-Solverplusが計算する成形工程に関連するシミュレーションの設定や、最も重要な結果変数の評価を、迅速かつ簡単に行うことができます。工程計画の策定者や工程設計者は、プレス成形部品の製造工程を、詳細に定義および評価できます。

AutoForm-ProcessExplorerplusによる効率的なシミュレーションの設定は、ワークフローにもとづく、操作が簡単なナビゲーション・コンセプトによって実現しました。関連するすべての工程やシミュレーションのパラメータを定義できるため、設計のワークフローはすべて確実にシミュレーション・データへマッピングされます。

AutoForm-ProcessExplorerplusによって、結果の解釈も迅速かつ簡単に実行できます。セミオートマチックな不具合特定機能によって、プレス成形の不具合やそのタイプや発生場所を迅速に特定できます。注意の必要な領域は自動的に特定されるため、誤った解釈や見落としを防げます。特定された不具合の状態は追従可能、そのうえ同期されたマルチデザイン・ビューでの比較も容易です。

さらにソフトウェアの流入評価によって、オリジナルのブランク・ラインと流入部のブランク・ラインの間の距離を計測することで、材料利用を最適化することが可能です。

プレス成形工程は表面の概観に影響があるため、表面品質に影響があります。AutoForm-ProcessExplorerplusは、デジタル・ストーニングによって、表面不良を簡単に可視化します。これは、成形したアウター・パネル上のストーン・ブロックを、疑似的に擦る処理が行われます。

AutoForm-ProcessExplorerplusは、企業標準の適用および管理を完全サポートします。標準から逸脱した場合はユーザーに通知が届くため、定義された基準や標準に沿って作業を進行できます。

AutoForm-ProcessExplorerplusがもたらす主なメリット:

  • 効率的なシミュレーションの設定
  • すべての設計のワークフローを確実にシミュレーション・データへマッピング
  • 簡単で迅速な不具合の特定と解釈
  • 工程のフィージビリティを迅速に検証
  • プレス成形部品の成形挙動の改善

AutoForm-ProcessExplorerplusの主な特長:

  • ワークフローにもとづく、操作が簡単なナビゲーション・コンセプト
  • セミオートマチックな結果評価
  • 企業標準の効率的な適用および管理
  • 流入評価
  • 表面不良を簡単に可視化–デジタル・ストーニング

ダウンロード:

カタログ

本製品にはスイスのAutoForm Engineering GmbHが保有し又は実施できる次の特許を使用している場合があります。欧州特許-1290515、1623287、1665103、1741012、1903409、2520992、米国特許-7542889、7623939、7870792、7885722、7894929、 8155777、8271118、 8280708、8463583、8478572、8560103、8768503、9342070、9429932、日本国特許-4633625、4852420、5102332、5188803、5499126。その他の欧州、米国、日本国の出願中の特許。

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。