AutoForm-Compensatorplus

スプリングバックの計算結果を基に金型の形状補正を行うソフトウェア

AutoForm-Compensatorplusは、正確なスプリングバック計算をもとに、金型面を自動的に形状補正します。ユーザーが補正領域を定義すると、ソフトウェアがスプリングバックの計算結果をもとに、補正領域を自動的に調整します。補正された形状は、迅速で正確な金型の検証に使用されます。

金型面はスプリングバックと反対方向に補正されます。金型面全体または選択した複数の領域を修正できます。“direct”では、形状補正が行われ、 “fixed”では、補正は行いません。そして“fixed draft”は、曲げフランジや絞り壁のための拘束された補正領域となります。このように複数の領域を定義することで、分析的に補正をコントロールすることが可能です。

補正された金型形状は、次のシミュレーションの新しい入力として自動的に使用されます。定義した公差内に収まる最終部品形状が、最小限の修正ループ数にて作成できます。またエンジ二アの作業量を、最小限に抑制できます。

スプリングバックは金型の開発段階で補正されるため、トライアウトの前に、部品や金型の品質が向上できます。この手順によって、金型開発、金型工場やトライアウトにおける計画の信頼性が向上します。スプリングバック対策のために金型や工程を最終段階で修正しなければならないコスト高なリスクを抑制できます。AutoForm-Compensatorplusの利用により、設計やトライアウトの時間やコストを大幅削減できます。

AutoForm-Compensatorplusがもたらす主なメリット:

  • 設計とトライアウトの時間とコストを大幅に削減
  • 金型開発、金型工場、およびトライアウトにおける計画の信頼性を向上
  • 修正ループ数の大幅削減
  • スプリングバック対策のために金型や工程を最終段階で修正しなければならないコスト高なリスクの抑制
  • 部品および金型の品質を向上

AutoForm-Compensatorplusの主な特長:

  • ユーザー定義の補正領域 –
    金型面全体または選択した領域のみを修正できます
  • スプリングバックとクランプで固定されたスプリングバックに対応
  • 部品と金型形状の自動調整

ダウンロード:

カタログ

お客様の活用事例:

金型のデザインおよびビルドの簡易化

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。