AutoForm ニュース

2017年10月30日

EasyBlank Cloud Service – 迅速なブランク形状検討および材料コスト見積り

プレス成形業界向けソフトウェア・ソリューションの世界有数のサプライヤであるAutoForm Engineering GmbH(本社:スイス)では、クラウドにてEasyBlankソフトウェアの運用を開始します。この新しいEasyBlank Cloud Serviceは、ウェブをベースとした無料のアプリケーションで、新たなソフトウェアをインストールすることなく、ブラウザから直接アクセスできます。結果はブラウザに表示されますが、IGS CAD形式にて保存でき、またExcel形式の詳細レポートも作成できます。

EasyBlank Cloud Serviceを利用することで、ブランク形状、早期段階のフィージビリティ確認および材料コスト見積りを迅速に検討できます。
EasyBlank Cloud Serviceを利用することで、ブランク形状、早期段階のフィージビリティ確認および材料コスト見積りを迅速に検討できます。

クラウド・コンピューティングは、急速に普及が進んでいます。技術開発の最先端をゆくAutoForm社では、クラウドにてEasyBlankソフトウェアの運用を開始します。EasyBlank Cloud Serviceは、プレス成形分野における中小規模企業のニーズにお応えします。

このEasyBlankソフトウェアは、プレス成形部品設計者、金型およびダイ設計者、材料コスト見積り作成者向けに開発されました。AutoFormの先進的なシミュレーション技術を使い、CAD部品形状から展開したブランク外形線を迅速に検討します。EasyBlankには複数のネスティング・レイアウトがあり、お客様のニーズに合わせて最適なタイプを指定できます。プレス成形で使用頻度の高い材料に関して、すべての主要パラメータを揃えた材料データベースを、EasyBlankにてご利用いただけます。これらのフィーチャーに加えて、EasyBlankから製品のフィージビリティも検討できます。フィージビリティの早期検討によって、費用のかかる後期段階での部品設計の変更を減らすことができ、また材料コストを早期に最適化することが可能になります。解析結果はExcelベースのレポートとして抽出でき、ブランク外形線、最適なネスティング・レイアウト、材料の消費量およびコスト、部品の板減分布、成形可能性の図表や関連するFLD図などのなどの詳細情報を確認できます。EasyBlankではこのようなレポートを自動作成でき、社内部署間やOEMとサプライヤのコミュニケーションを促進します。

AutoFormのソフトウェア・ポートフォリオ、特にAutoForm-StampingAdviserplusを有効活用することで、ブランク形状の検討や材料コストの見積りの結果をより正確に算出することができます。ソフトウェアは拘束力や詳細な材料特性などの成形条件を考慮するため、フィージビリティの結果に対する信頼性が高まります。AutoForm-StampingAdviserplusを使用することで、より良い余肉の検討も可能となり、またネスティングのオプションも増えるため、材料コストの見積りがより正確となります。AutoForm-StampingAdviserplusソフトウェアには多くの利点がありますが、EasyBlank Cloud Serviceは、プレス成形業界における小中規模企業の選択肢であることに変わりはありません。

Markus Thomma氏のコメントです。「EasyBlankソフトウェアをクラウド上で提供できることを嬉しく思います。ブランクの形状や最適な材料コストをこれまでになく迅速に検討できます。EasyBlankのユーザーはクラウド・コンピューティングから大きな便益を得ることができるでしょう – インストールやアップデートの必要は一切ありません。」

プレスリリース, 画像データ

コンタクト
オートフォームジャパン株式会社
担当:佐藤
〒105-0004 東京都港区新橋5丁目8番11号
新橋エンタービル 9階

03 6459 0881
03 3431 7661
E-mail

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。