AutoForm ニュース

2016年11月15日

フォルクスワーゲン社金型メーカー、AutoForm-ProcessDesignerforCATIAを最適なソフトウェアとして選択

CAD品質のダイ・フェースを迅速に作成する分析的手法
CAD品質のダイ・フェースを迅速に作成する分析的手法
専用のサーフェス・コマンドにて、深絞りやすべての次工程を含む工程設計を迅速に作成
専用のサーフェス・コマンドにて、深絞りやすべての次工程を含む工程設計を迅速に作成

プレス成形業界向けのソフトウェア・ソリューションの世界有数のサプライヤであるAutoForm Engineering GmbH(本社:スイス)は、フォルクスワーゲン社金型メーカーが、工程設計に最適なソフトウェアとして、AutoForm-ProcessDesignerforCATIAを選択したことを発表しました。共同開発プロジェクトから得た優良な結果に基づき、この戦略的な決断が下されました。フォルクスワーゲン社金型メーカーでは、CATIA環境における工程設計の標準的手法を含むAutoForm-ProcessDesignerforCATIAの導入により、日常業務の効率化を図ります。

AutoForm-ProcessDesignerforCATIAは、フォルクスワーゲン社と共同開発されたソフトウェアです。この共同開発プロジェクトは、加工に必要なCAD品質のダイフェースを迅速に作成できる、高度な工程設計ソフトウェア製品の開発を目標としていました。そして誕生したAutoForm-ProcessDesignerforCATIAは、各分野の優れた技術指導者たちが革新的な製品の共同開発に成功した優良事例となりました。

新製品が各部署の様々な要件に対応できることを確証するために、ソフトウェアの社内評価を実施しました。ネイティブCATIAおよびAutoForm-ProcessDesignerforCATIAに対する複数のベンチマークや比較試験の結果は、有望で前向きなきっかけとなるものでした。これらの試験にて作業効率は最大5倍に達し、初期のダイ・フェース設計、最適化、そして部品設計の変更後に加えた修正を考慮しながら、高品質なサーフェスを迅速に作成することができます。

AutoForm-ProcessDesignerforCATIAは、AutoFormによるプレス成形シミュレーションの専門性と、CATIA V5の設計に関する高度な機能性を組み合わせたソフトウェアです。AutoForm-ProcessDesignerforCATIAのサーフェスに特化したコマンドを使うことで、CATIA環境にいながら、深絞りやすべての次工程を含むダイフェースのレイアウトを迅速に作成することが可能になります。また作成したすべてのサーフェスは、クラスAのサーフェス要件を満たし、そのまま機械加工に使用できます。このソフトウェアは、絞り形状の作成、企業レベルの標準化のサポート、そして複雑な工程設計業務を効率化する高度な手法の実施を可能にする、専用に開発された独自の機能を有します。AutoForm-ProcessDesignerforCATIAは、工程設計部署の日常業務を改善するための、革新的および他に類を見ない、そして品質を重視した工程設計ソフトウェアです。

プレスリリース, 画像データ 1, 画像データ 2

コンタクト
オートフォームジャパン株式会社
ビジネス・ディベロップメント
藤川 敏弘
〒105-0004 東京都港区新橋5-8-11
新橋エンタービル 9階

03 6459 0881
03 3431 7661
E-mail

AutoFormへのお問い合わせ

ご質問のある方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください(*は入力必須項目です)。

AutoFormへのお問い合わせ

送信を完了しました。お問い合わせありがとうございました。